ハイパーピカピカレインを失敗しない方法

ハイパーピカピカレインは施工方法が簡単なようですが、失敗は無いのでしょうか。

 

どんなに簡単なものであっても、初めて使う場合は使い方も不慣れなので、失敗したりしますよね。

 

ハイパーピカピカレインも同じだと思います。

 

特に、ハイパーピカピカレインは施工に失敗すると修正が大変みたいです。

 

そこで、ハイパーピカピカレインの施工に失敗しない方法を紹介しますね。

 

<ハイパーピカピカレインを塗ってはいけないところがある。>

ハイパーピカピカレインは、ガラスやゴムに塗ってはいけません。

 

作業中に、ガラスやゴムついてしまったら、ハイパーピカピカレインが完全に乾燥する前にふき取るようにしてください。

 

もし、乾燥してしまった場合には、コンパインドなどを使って落とすようにしてくださいね。

 

<厚塗りをしないようにする。>

ハイパーピカピカレインは、少量(2滴~3滴)で、広く塗ることができます。

 

口コミによっては、「2滴~3滴では心配なので5滴~6滴使った」などが寄せられていますが、2滴~3滴の使用量で十分なのです。

 

ハイパーピカピカレインを厚く塗ると、乾きが遅くなることや拭き取りムラが出るなどの原因となってしまいます。

 

なぜ、乾きが遅くなることや拭き取りムラが出ることが、良くないのかというと、こんなことになってしまうからなんです。

 

【乾きが遅くなる】

拭き取った後の乾燥に時間がかかると、乾くまでの間にボディを擦ってしまったり、雨にぬれたりして、望んだ光沢が得られないことがあります。

ですから、薄く塗って早く乾かすことが、失敗しないコツです。

【拭き取りムラがでる】

厚く塗ってしまうと、しっかり拭き取れたところと拭きとれずに残ってしまったところのバラツキが出てしまい、光沢に差が出てしまいます。

 

そのためには、2滴~3滴の分量で薄く塗ることが、失敗しないポイントなんです。

 

 

ハイパーピカピカレインで失敗しないように、施工方法をしっかりマスターしておきたいですよね。
 

関係する記事紹介

口内炎患者

口内炎の治し方

参考までに関係する記事となります。
口内炎について、現状存在するサイトでは最も詳しく分析・解説している記事と思います。口内炎の治し方についてもフローチャートで分かりやすく説明されています。
口内炎にお悩みの方は参考になると思いますので、ぜひチェックしてみてください。

Comments are closed.