雲のやすらぎの重量と天日干し

雲のやすらぎ敷布団は、とても疲れた体を癒してくれる、最高の布団として、とても感謝をしているのですが、メリットとされている17cmの厚みが原因となるのか、かなりの重さが少し気になり、もう少し何とかならないのか?とのご意見を頂いています。

 

そこで、雲のやすらぎ敷布団の重さについて説明させて頂きます。

 

シングルサイズの重量 ⇒7kgの重さになります。

 

雲のやすらぎ敷布団には、シングルサイズの他にもセミダブルサイズ、ダブルサイズと三サイズの敷布団があります。

 

角サイズ毎に、サイズが大きくなるにつれて、重さも増して来ると言う事になります。

 

通常市販されている、敷布団の重量と言えば、凡そ5kgだと思われますので、やはり通常の敷布団から比べてみると、雲のやすらぎ敷布団は重いと感じます。

 

敷布団の使用頻度は高く、毎日使用する事になりますし、寝汗も健康な成人男性の場合で、一晩の寝汗はコップ一杯と言われています。

 

そうなると、特に敷布団の場合は出来るだけ日光とか風に当てて干したい気持ちになりますね。

 

日光とか風に当てたい気持ちとは裏腹に、7kgの重さがかなり大変な労働となってしまいますし、雲のやすらぎ敷布団を購入される方の中には、腰痛に良いからとお買い求め頂く事も多いのですが、毎日のお布団のお手入れの事を考えると負担が大きく、大変な作業になりますね。

 

雲のやすらぎのHP公式サイトには、日常のお手入れ方法として、お天気の良い日の湿気が一番少ないとされる、朝10:00~お昼の2:00の間を目安として、雲のやすらぎを天日干しするのが良いとされています。

 

重さなどの状況で、どうしても天日干しが無理な場合は、雲のやすらぎをその場所で、裏返して下側になって居た部分に空気を通すだけでも充分だそうです。

 

寝汗をかいたままの雲のやすらぎ敷布団をその場所に敷いたままにして置く事は、雲のやすらぎ敷布団にも、健康面からも良くないと思われます。

 

もし、雲のやすらぎの寝汗が気になるが、重いのでお布団のお手入れが出来ないと気になられる様でしたら、布団乾燥機を使用されて見ては如何でしょうか?

 

布団乾燥機を使用する事で、重さを気にする事なく湿気対策は改善出来ると思われます。

 

雲のやすらぎの重さがデメリットとされて居ますが、重さだけでは無く、実はメリットとされています、17cmの厚さもデメリットになる場合もあると思います。

 

ベッドでの使用される場合は心配無いのですが、毎日収納するとなると悩まれると思います。

 

ベッド以外で使用される場合は、朝晩の収納になりますが、三つ折りの状態にした時の、雲のやすらぎの厚さはかなりの厚さになります。

 

この様な普段の雲のやすらぎの手入れや、収納時の対策についても事前準備が必要と思われます。

Comments are closed.